戸籍等の証明書、裁判関連文書の英訳・和訳や認証取得(アポスティーユ・Notary Publicの公証)ならお任せください

MENU

死亡届(受理証明・記載事項証明)の英訳

サービス概要

死亡証明書(死亡届受理証明、死亡届記載事項証明書、戸籍謄本など)を正確に英訳し、「翻訳証明」(証明文言、日付、サイン、印鑑)をお付けして全国・海外へと発送しています。 レイアウトは原本に忠実で見やすく、訳文は英語圏の読み手にも違和感の無い品質です。 海外手続きを確実に行うための証明書の英訳は高品質・実績多数の弊所にお任せ下さい。

Point01

海外の公的機関への提出実績多数だから安心。

Point02

お申込みはメール・FAXでOK。全国対応・海外発送も。

Point03

適正価格で安心・便利にご利用頂けます。

  • 原本の画像やコピーを、メール、ファックス、郵送にてご提供頂くだけでOKです。
  • ご発注から5~7営業日後にレターパック370(速達扱い)にて発送します。
  • 「翻訳証明」をお付けします。(レターヘッド、翻訳者の署名と押印付)
  • アポスティーユ・公証・大使館の認証が必要な場合も、お任せ下さい。

 

お取引の流れを見る

ご利用の場面

死亡証明書の英訳は以下のような場面で必要になります。

 

  • 外国人妻が亡くなった。東京の大使館に届け出るのに、

    死亡届受理証明書の英訳+公証(Notary Publicの認証)が必要。

  • 外国銀行の口座の解約手続きに、

    死亡を証明する書類の英訳+アポスティーユ(Apostille)が必要。

  • 米国の遺族年金を受給申請を行うのに、

    死亡を証明する書類の英訳+翻訳業者レターヘッド付翻訳証明が必要となった。

英訳料金

死亡証明書の英訳

書類 料金
死亡届受理証明書 4,000円+税 
死亡届記載事項証明書 7,000円~+税

* 上記は「翻訳証明料金」と「送料」を含みます。

* 二部以上は一部につき500円+税。(ページ下部「英訳文が二部以上必要な方へ」をお読み下さい。)

ご注意事項

氏名の英字表記について

ご発注の際は、書類に記載された方全員のお名前の英字表記をお尋ねしますので、ご回答の際は、他の書類やパスポート上の表記と相違が無いようお気を付け下さい。

英訳文が二部以上必要な方へ

日本の役所が発行する証明書には、内容が同じあっても個別の発行番号が付いてる場合があります。二部以上の英訳文をご依頼の場合は、同一番号の訳文が複数必要なのか、または異なる番号の原本それぞれの訳文が必要なのか、「見積依頼フォーム」にてご回答下さい。

公証・アポスティーユ・領事認証が必要な方へ

訳文に公証、アポスティーユ、大使館の認証(領事認証)が必要な場合は、お見積用に頂いた原稿の原本を下記住所まで郵送して下さい。原本は、認証手続の際に綴じ込みます。

 

〒300-1256

茨城県つくば市森の里30-13

リーガル翻訳サービス

 

弊所では、海外の相続や口座解約サポートの業務を行っており、その中で認証取得も多く経験しています。認証取得に関する基本知識とイレギュラー案件への柔軟な対応力で、確実迅速に認証を取得します。認証手続きの流れ、日数、料金などの詳細は「アポスティーユ・公証などの認証取得」のページをご覧下さい。

PAGETOP